院長ブログ

2017.11.11更新

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

まぶたが重く開きにくくなったことをいいます。

放っておくと肩こりや頭痛、弱視の原因になり、脳の働きにも影響がでます。

治療は手術になります。

手術はいやだと思いますが、できるだけ痛くなくて腫れがすくない手術もあります。

それが当院で行っている”切らない眼瞼下垂手術”です。

眼瞼下垂は軽度であっても、頭痛とか肩こりなどの症状を伴っているときは、病気なので、当院では保険適応で手術を行っています。

 

眼瞼下垂

 

この手術は、ほとんど腫れないので、手術した日から日常生活に困ることはありません。

下の写真は手術後2週ですが、腫れもおさまり、まぶたもパッチリしていい感じですよね!

 

 

2017.10.20更新

皮膚の腫瘍についてです

ほくろだって思っているものが悪性だった・・・・・たまにこういうことがあります。

 

皮膚悪性腫瘍

 

ちょっと、色素のにじみかたが均一でなくて、はみだしている所もあります。
悪性に見えたので手術を強く勧めました。

病理結果は基底細胞癌でした。

基底細胞癌は癌の中ではいちばん良性で(悪性なのに良性って変な言い方でごめんなさい。医者は悪性度が低いっていうのですがわかりにくいかと思いまして)

早期胃がんみたいなもので、ちゃんと切除されていればほとんど再発も、転移もしません。

この患者さんもきちんと切り取れていたので、あとは、経過を注意深く見ていくだけです。

ほくろと思っていても、がんのこともあるので、心配な方は医師に診てもらいましょう!

2017.09.16更新

研究と実験を重ね、プレシャスクリニック特製の制汗剤が完成しました。

何人かに試用してもらいましたが、とても好評です。

成分は塩化アルミニウムを25%配合した軟膏です。

一般的には20%の塩化アルミニウム水溶液が使われますが、アルコールが含まれていたり、水溶液なので皮膚に浸透しづらく、塗布後ゴム手袋の装着を強いられたりとか、皮膚炎が生じる原因ともなり、ある報告によると副作用の発現率が45%とほぼ半数に問題が生じるなど、効果はあっても使いにくいものでした。

調べてみると、制汗剤のほとんどにアルミニウムが使われていて(ミョウバンもアルミニウムが含まれています)、このアルミニウムは成分として必須なので基材を考えることにしました。

皮膚に塗るためには成分だけでは塗れないので、水で溶かしたり、オイルに混ぜたりなどする必要があり、この溶かす材料を基材といいます。

よく、付け薬として処方される軟膏やクリームも基材です。

いろいろ試作したところ、水溶性軟膏が最も適していて、使用感も良好でした。

これをぜひ試していただきたいので先着100名に無料で差し上げます。

といっても、院内製剤なのでクリニックに来ていただき診察したうえでないとお出し(処方)できません。

多汗症で悩まれている方、特に手汗で悩んでいられる方に、ぜひともご来院の上、使っていただきたいです。

2017.09.01更新

最近は待っている治療のひとつ

Miisko 今までは手術でなければできなかった鼻尖を高くすることが手軽にできます。

鼻先をとがらせるのは難しいのです。

ミスコ前

術後

この人は鼻根部にレディエッセというハイドロキシアパタイトも注入して高くしています。

鼻先が自然な形で高くなっていますよね!

きれいな自然な隆鼻術です

もちろん下の写真が術後です

術後2週です

腫れも引いてきれいになってますよね!

 

直後

これが術直後の写真です針を刺したところの針穴が目立ちますが、それを除けばあまり気にならないレベルです。

2017.08.24更新

先日患者さんからお写真をいただきました。

ミラドライ術後

 

なんだろう?
顔だけ隠れていて・・・・

ミラドライ術後

こんなに汗だくの写真で・・・

 

でも、

 

術後

 

そうなんです。

 

こんなにびっちゃり汗をかいているのに

ワキ汗はかいてない という、とっても嬉しい写真を送ってくれたのです。

患者さんは治療結果にとっても喜んでこの写真を送ってくれました。

ミラドライはこんなに効果的なのです。

 

 

 

2017.07.17更新

導入して3ヶ月たって、その治療結果をお知らせすることができるようになりました。

この患者さん

クビのたるみが気になるということでソノクイーンもしたのですが、それよりも効果があるエンドリフトを勧めました。

エンド三浦さん

術後からとても効果が出ていたのですが、3ヶ月経ってもっとすっきりしました。

こんなに効果的だとは・・・・

私の予想を超えてすごい結果がでました

2017.06.12更新

MISKO   ミスコ って呼びます

人の名前ではありません

 

鼻を高くする 

糸で鼻を高くする施術で、プチ整形です。

プチスレッド・ノーズ“アップ とか  ベストリノプラスティー とか言われている施術です。

 

なぜ、糸で鼻が高くできるの?

ぷち

詳しくは アメブロにアップしたのでみてください

 

そして、私の体験記! ←ここをクリックして院長のアメブロにジャンプ

 

2017.05.20更新

エンドリフトとは先端からレーザーが照射される細いファイバーを皮膚の下に刺してリフトを行います。

エンドリフト

 

このようにしわを伸ばしたいところ、リフトアップしたいところの皮膚の中に直接レーザーを照射するのです。

 

私も、自分でしてみました。

 

エンド しみず

 

 

自分で自分にするなんて・・・・・・・

患者さんにするほどうまくはできないけど、自分でやるといろんな感じがわかってきます

これを眉間、下まぶた、法令線、マリオネットライン(Jowl)、あご下に行いました

 

結果

エンド前後

施術後1か月です
クビにとても効果が出ています(ほかの場所も効果出ていますが)

ってことでクビのしわ取りにチャレンジです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.18更新

当院で行っている治療で最近始めた治療を紹介します。

その名も

エンドリフト

エンドリフト本体

イタリア産

日本初上陸の治療です

先月(2017年4月)日本形成外科学会総会でも発表してきました

何をするかっていうと

ファイバー

このファイバーの先からレーザーが出ます

これを皮膚に刺してレーザーを照射します

でも、このファイバーものすごく細いのです

どのくらい細いかっていうと

ファイバー比較

30ゲージの針と比較してみました。

30ゲージの針より細いのがわかると思います。

一般的に細いと言われているのが27ゲージでそれより一回り細いのが30ゲージ

だから極細なのです。

これを皮膚にプスッと刺して皮膚の中で直接レーザーを照射する治療なのです。

詳しくは次回に

 

 

 

 

2017.05.13更新

こんにちは、院長の清水祐紀です。

4月より正式に昭和大学を退職し、院長に専念することにしました。

そこで、ホームページも一新し、心機一転、地域医療に根ざした診療をおこなっていきます。

          クリニックのロゴ 小

いま、いちばん力を入れてること

それは皮膚の腫瘍切除です。

美容外科的なことではなく、もう、普通の形成外科です。

      粉瘤 術前

こんなできもの、よく脂肪の固まりとかいわれているできもので、粉瘤やアテローマといいます。

珍しいものなどではなく、皮膚腫瘍ではよく見かけます。
実は私も3回手術を受けています。

私が心がけているのは、きれいに、痛くない、最小限の通院

      粉瘤 曲麻

腫瘍は、このように紡錘形にしわの方向にキズができるように切除します。

そして、劇細の針で注射します。一般的にとても細いといわれている27ゲージより

もっと細い30ゲージの針で注射します。

注射液も痛くないように調整していますから、ほとんど無痛です。

      粉瘤術中

 

これも6-0という極めて細い透明な溶ける糸で皮膚の下をきれいに縫い合わせます。

      粉瘤術後 

皮膚の下の縫合だけでとてもきれいに縫合できました。

おもてに糸はないので抜糸は必要ありません

通院不要です。

術後は不安なことがあればメールで対応しています。

病理の結果もメールでお知らせしています。

通院不要、無痛、きれいなきずあと

の完成です。

 

 

前へ 前へ

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。