チチガ

気になるちくびの臭いもミラドライで!

ちちがミラドライ治療モニター(10万円)募集中

チチガとは

”チチガ”とは、乳輪から、わきが臭と同じ臭いにおいがする病気のことをいいます。

アポクリン腺はわきのほかにも、乳輪、外陰部(デリケートゾーン)、外耳道にもあって、ワキガと同じ特有なにおいが、乳輪(オチチ)からするので、”チチガ”といわれています。

じつは、アポクリンの発するにおいはフェロモンともいわれています。

実際、赤ちゃんはこのにおいをたどっておっぱいに吸い付くともいわれています。

では、ちくびのどこにアポクリン腺があるかというと、それは、乳輪のぶつぶつしているところ、モンゴメリー腺、乳輪腺といわれるところにあります。

 

治療は、この乳輪腺(モンゴメリー腺)を切除する手術か、針電極で焼灼する電気分解法で行っています。

プレシャスクリニックではこのチチガもミラドライで治療できます。

チチガ治療がミラドライでできるのは、ミラドライ治療に精通している清水医師だからなのです。

清水医師はミラドライがどのように作用するかを熟知しているから、そのノウハウによって、ミラドライでチチガが治療できるようになり、とても満足できる結果が得られています。

チチガ治療も電気分解法よりミラドライ治療がお勧めです。

 

ミラドライとは

ミラドライについて興味のある方は院長の書いたブログを見てください  ここをクリック

 

「miraDry(ミラドライ)」は、マイクロ波を用いて発汗を永続的に抑制する「切らないワキ汗治療器」です。本製品は、冷却により皮膚表面を保護しながら、汗腺が存在する領域一帯を加熱すること、汗腺を焼灼・凝固できる温度で加熱することで、低侵襲で高い効果がでます。

ミラドライは、国内で唯一※のマイクロ波によるワキ汗治療器として薬事承認を取得しました。

ミラドライの効果
ワキ汗の原因となる汗腺の大部分が存在する真皮深層から皮下組織浅層をマイクロ波を用いて加熱することで、汗腺を焼灼・凝固させ、発汗を抑制します。これにより、高い効果が得られ、長期的に効果が持続すると考えられています

ミラドライの安全性
外科的な治療では、患部の固定や圧迫などの術後の処置が必要になりますが、ミラドライはそれらの処置が不要で、血腫ができるリスクや術後のトラブルが少なくすみます。患者にとっても患部の圧迫固定や通院・入院が不要なため、日常生活に支障がでることはほとんどありません。
また、皮膚を冷却することで、表皮や真皮上層の熱損傷を防ぐため、熱傷や合併症、色素沈着のリスクは低く、一時的な赤みや腫れなどはありますが、重篤な有害事象は報告されていません

 FDAの承認
ミラドライの効果と安全性はFDA※で認められており、腋窩多汗症、腋臭症、減毛の適応で承認を取得しています。(日本国内では腋窩多汗症のみ、薬事承認を取得しています。)

 マイクロ波を用いたミラドライによるワキ汗治療のメカニズム
ミラドライは、5.8GHzのマイクロ波により、汗腺に熱ダメージを与え、ワキ汗を減らす治療です。
皮膚にマイクロ波を照射すると、細胞内の水分子が振動し、熱が発生します。皮下組織でマイクロ波が反射し、汗腺が多く分布する真皮深層~皮下組織浅層が最も加熱されます。
ミラドライで長期的、かつ高い効果を実現できるのは、汗腺一つ一つを点で治療するのではなく、汗腺が存在するエリア一帯をターゲットにしているからです。また、同時に冷却することで、皮膚表面には損傷を与えず、汗腺が機能を停止するだけの高い温度で加熱できるため、高い効果が期待できます。

治療は痛くないです

敏感な部分だから治療は痛いと心配すると思います。

でも、当院の治療は、痛くない治療をモットーに行っていますので、チチガのミラドライ治療も痛くないです。

局所麻酔も技術です。極細の針を使っていますので、最初の”チクッ”とする感じだけで、そのあとは痛くないです。麻酔の注射は痛みをとる注射なので、技術によって、全く無痛で注射できます。

施術後も、範囲が狭いので、ワキの治療ほど痛くありません。ワキでも施術後の痛みを感じない人もいるぐらいなので、あまり痛みを感じない人の方が多いです。電気分解法の方が施術後の痛みが強かったり、浸出液(お汁)が治療部位から出てきたりと、施術後の経過に苦労される方がいますが、ミラドライ治療では皆無です。

だから、痛みでご心配な方も、どうぞご安心されて治療に来られてください。

 チチガ施術価格 (税抜価格)
 チチガ(ミラドライ治療)  ¥200,000_
 他部位のミラドライと同時にミラドライで治療するとき  ¥100,000_加算

 

1. ミラドライとは、どんな治療ですか?

ミラドライとは、メスを使わないわき汗やにおいに対する新しい治治療法です。マイクロイクロ波(電磁波)を利用し、汗の原因となる「エクリン汗腺」、においの原因となる「アポクリン汗腺」に熱ダメージを与えて汗腺の発汗機能を抑え、わき汗とにおいの悩みを解決します。
ミラドライは、アメリカで開発され、アメリカの厚生労働省にあたるFDAで認められている医療機器で、厚生労働省にも腋窩多汗症の医療機器として唯一承認され、皮膚を切らずにわき汗やにおいに対して高い効果が得られます。

2 どのような効果がありますか?

ミラドライ治療を行うことで、わき汗やにおいの減少効果が期待できます。
わき汗やにおいのもととなる汗腺に熱ダメージを与えるため、長期の持続効果が期待できます。

3. わきの下の汗腺の発汗機能を抑えてしまって大丈夫ですか?

人間には全身におよそ400万もの汗腺があるといわれていて、わきの下にある汗腺はそのうち2%ほどにすぎません。汗腺は、体温調整を行う重要な組織ですが、わきの下の汗腺が機能を失っても、身体の機能、汗による体温調節に影響することはありません。しかも、ワキガの人はアポクリン腺という機能のない汗を多くかいているので、この汗の機能がなくなっても全く問題はありません。

4. 治療は、どのような手順で行われますか?

ミラドライの治療は、3つのステップで行われます。

1.最初に治療する箇所をマーキングします。
2.次にその箇所に局所麻酔を行います。
3.その後、麻酔した箇所にミラドライをあてて、マイクロ波を照射します。
治療終了後は、アイスパックで患部を冷却します。

5. 治療中、痛みはありますか?

治療箇所に局所麻酔を行うため、痛みを感じることはありません。
局所麻酔も当院では痛くないと好評で、ほぼ無痛で治療できます。

6. 治療回数は、1回のみですか?また、希望すれば、何度も受けることはできますか?

基本的には1回治療です。当院のミラドライ治療はとても好評で、ほとんどの方に1回の治療でご満足いただけています。
さらなる治療をご希望であれば、3か月以上空けて治療を受けることができます。

7. 日常生活に支障はありますか?

ミラドライは、入院や通院をする必要がなく、治療当日からシャワー浴が可能です。
日常生活に特に支障は出ませんが、治療当日は、車の運転は避け、治療数日間は多量の飲酒や運動は控えてください。
不安な点がありましたら、ご相談ください。

8. ミラドライの治療は、安全ですか?

ミラドライは、厚生労働省で腋窩多汗症の医療機器として唯一承認されていて、効果と安全性が認められている治療です。

世界中で既に55,000以上の治療が行われ,、日本国内でも15,000以上の治療が行われています。
当院でも、500以上の治療を行っていますが、副作用、合併症は生じていません。
ミラドライの原理はマイクロ波(電子レンジ、Wifiと同じ電波です)を使っているので、体に影響が出ることはありません。

9. 副作用は、ありますか?

治療後は一時的な赤みや腫れがありますが、ほとんどの場合、数日から数週間で治まります。長期間に及ぶ重篤な副作用は、今まで報告されたことはありません。

不安な点がありましたら、ご相談ください。

プレシャスクリニックの院長・清水がお悩みを解決します。
どんなことでも、懇切丁寧にお答えしていますので、お気軽にお問い合わせください。 ⇒ ここをクリック

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。