院長ブログ

2018.06.13更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療について多くのご質問をいただいていることにお答えします。

 

今回はワキガ手術後のミラドライ治療についてです。

ミラドライをお持ちのクリニックのほとんどが、ミラドライで効果がなかったら手術というような方針を持っているようですが、私にはそのような考えはありません。

何度も言っていますが、私の持論は手術よりミラドライ治療です。

当院には、”手術したけど効果がない” ”手術したけど汗(臭い)が気になります” といった患者さんが多くいらしゃっています。

中にはキズだけ残って、効果が全くないなんていう悩みを抱えている患者さんもいます。

術後瘢痕

先日ミラドライ治療に来られた患者さんです。

これは剪除法という、最も一般的なワキガの手術を受けられた方の術後です。

真ん中のキズ以外にもたくさんキズができています。

周辺には糸固定でできたと思われるキズがたくさんできています。

”ノースリーブの服は着られない。吊革にもつかまれない!”と、計り知れない悩みを抱えています。

しかも、臭いも残っているので、何のために手術を受けたのかわかりません。

 

こんなにキズができていても、当院ではミラドライ治療ができます。

キズのところにもミラドライ治療ができます。

この患者さんも術後は大変喜んでくれました。

 

やっぱり、手術よりもミラドライ治療です。

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.05.18更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えます。

 

今回は、ちょっと気になるブログ記事を見つけたのでそれについて応えます。

標題の”汗とローンが残ったミラドライ”は、H先生のブログです。

彼は大変まじめで、正義感の強い先生で信頼できる医師です。

この標題名で検索すると、その記事を見られると思いますが、このブログ記事の中の

”今年9月に第38回日本美容外科学会が横浜で開催されました。
 ミラドライのイブニングセミナーがありました。
 座長の先生が、
 レーザー脱毛の発明に匹敵する、
 画期的な機器と持ち上げていました。”

この座長は私です。

興味がある方は、このセミナーを演者の佐々木先生がYouTubeにアップしているのでご覧になってください。→ここをクリック

確かにこのセミナーは質問が多くて、炎上セミナーとよくいわれます。

それほど、会場の先生方の興味を引いたのでしょう。

H先生のいわれることはよくわかります。

私のクリニックにも、ミラドライの治療が効果がなかったといってこられる患者さんがたくさんいます。

クリニックによっては、ホームページで安い価格で表示されていても、実際の治療にはチップが別料金で請求されたり、すそワキガの治療も、部位別に、例えばV,IOで全部施術すると3か所分の料金が請求されたり、無理な勧誘もあるようなことを患者さんから聞きました。

実際の治療にいくらかかるのかをあらかじめチェックしてからカウンセリングに行く方が良いと思います。

 

ところで、H先生はミラドライを目の敵にしているようですが、手術でも、執刀医によって結果が違うように、治療はすべて施術者によって変わります。

だから、すべてのことをミラドライのせいにしないで欲しいです。

ミラドライという治療器の効果があることは間違いないです。

レーザー脱毛も、世に出る前に私は治験しています。

その時も最初から認められた機器ではありませんでした。

当時は、”そんなので永久脱毛ができるわけがない” などといわれ、”永久脱毛とは”という定義すら話題になったのです。

要は、針脱毛に対抗できる存在であるためには永久脱毛ということが謳えなければならなかったからです。

時代は流れ、それから30年たった今ではどうですか?

今の若い人は”針脱毛”という言葉を知りません。

脱毛は”レーザー”です。

H先生のこの記事の最近のコメントをみると、彼の考えも変わってきているようで、ミラドライを認めているように思えます。

それに、ミラドライは近い将来、承認器になります。

厚労省がミラドライをワキガ治療器として認めました。

確かにミラドライは高価な機械です。

でも、キズもできずに、手術、しかも上手な手術と同じ効果を私は出しています。

30年後にはワキガ手術は淘汰され、ワキガ・ワキ汗治療はミラドライになっていると私は思っています。

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.05.17更新

”手術を受けたのですが満足していなくて・・・・ミラドライは受けられますか?”

という質問をよく受けます。

結論から先に言いますと、全く問題なく受けられます。

多くの、そういう患者さんをミラドライで治療してきましたが、何ら問題なく、治療結果も満足いただけています。

このように、わきが・多汗症ではしばしば手術後の再発が問題となります。

私に相談に来る患者さんの中で、手術を受けたにもかかわらず臭いが残っているという悩みを抱えている方が少なからずいます。
これはどうしてでしょう?信頼のおける専門医によって確実な手術を受けたにもかかわらず、まだ臭いが気になる・・・
たしかに臭いに対して過剰に神経質になってしまい、手術が成功しても、なくなっているはずの臭いをまだ気にしてしまう人もいます。

でも本当の理由はそうではなくて、臭いが残っているのは、やはり医師による手術の不十分さ、未熟さにあるのです。
たとえば吸引法、超音波法などでは、時間が早く、傷が小さいので目立たない、などが利点だと言われています。
ただ、学会発表や医学論文などでは浅いところに存在しているアポクリン汗腺、エクリン汗腺はほとんど取れず、再発率が高いことが指摘されています。
特に真皮内に存在している汗の細胞を除去するのは難しいとされています。

これは剪除法などの手術でも同様です。

剪除

これは、ワキの皮膚の組織で,赤い線で囲まれた部分が汗の細胞です。この赤い線で囲まれた部分に大小とりどりのわっか 〇 があるのがわかりますか?

手術では皮膚の裏側(下側)から汗の細胞を削りとってきます。皮膚がだんだん薄くなってくるので、技術がなかったり、組織を見る目がないと、皮膚の浅い層にある汗の細胞が取り残されてしまいます。

 切除後

例えばこんな風に残ってしまうのですが、術後は、まだ、皮膚への神経が再生されていなかったり、組織が傷ついているので、汗をかく能力がなくて臭いがしません。

2~3か月すると、いろんな細胞が再生されて治ってくるので、汗をかくようになり、臭いがしてくることになります。

では、この状態でミラドライをするとどうなるのでしょう?

 ミラ照射

ミラドライは皮膚の上側からマイクロ波が照射されるので、全く問題なく治療されます。

下側の、皮膚の深いところがどうなっていても、その状態に影響されません。

わかっていただけましたか?

手術後の患者さんでも、ミラドライの治療は問題ないですが、手術後の状態がどうであって、汗の機能がどうなっているのかを客観的に調べてから治療することをお勧めしています。

ご心配の方は、カウンセリングを受けに来てください。

きっと、悩みを解消できる方法が見つけられます。

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.05.13更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えよます

 

ミラドライの治療は、本当に効果があるのかご心配の方も多いようです。

でも、そんな心配はいりません。

ミラドライは本当に良く効きます。

ミラドライの効果について、私が再三再四、”手術同様の。しかも完璧な手術と同等な効果が認められています”と熱く語っているにもかかわらず、いまだに、”本当に効くのですか”と聞かれることがあります。

これは私の実体験から証明していますし、臭うとか、臭わないとか主観的な事柄でなく、”病理所見”という、これ以上ない、客観的データから証明しているのです。

形成外科学会で、そして美容外科学会でも、私が報告してきて、この病理結果をもとに治療結果について報告すると、今まで、ミラドライの治療について否定的だったDr.も、否定するわけにはいかず、ミラドライの治療を理解してくれるようになりました。

そればかりか、今まで、ミラドライ治療を否定してきたDr.も、”ミラドライ買ったよ” ”ミラドライ、本当にいいね” などと言ってくれるようになり、本当にうれしい限りです。

しかも、近々、ミラドライは、厚労省が認める”承認器”になる予定です。

”承認器”とは、厚労省が ”ワキガ治療器として認める” という、国がお墨付きを出したということです。

すなわち、ミラドライの治療効果を国が認めたということです。

やっと、私が提言してきたことが認められたということです。

もはや、手術の必要はありません。

手術を否定しているわけではありません。
手術は効果的だということは、たくさんワキガ手術を行ってきた外科医である私はよく知っています。

でも、手術には合併症という、手術手技のせいではない、いわゆる不可抗力の合併症が生じる可能性があり、手術を受けるには覚悟が必要です。

キズができるとか、できないとかいうレベルの問題ではなく、一生引きずってしまうかもしれない、醜い跡が残ってしまったり、肩関節が上げにくくなったり、神経障害が残ったりすることがあるのです。
正直、合併症がない治療はあり得ません。

ミラドライでも合併症が起こりえます。

でも、重篤な合併症の報告はありませんし、私が行ったミラドライ治療では合併症は生じていません。

わきが、ワキ汗治療は手術よりミラドライをお勧めします。

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.04.14更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えます。

 

今回は再発についての考察です。

今日治療に来られた方が、ネットで再発した人の記事が載っていますがどうしてでしょう?

と言ってらっしゃったので、ミラドライの治療でも、再発ということが一番気になっているのだと思います。

ブログ記事でも書いたのですが(ここをクリック) 私はミラドライの治療効果について、照射された場所の皮膚が100%治療されていることを証明しています。

ですから再発などはないと思っているのですが、ネットで、”ミラドライの術後臭がした”などの記事があります。

これはどういうことなのか考えてみました。

病理

これは、レベル3で治療されたワキの3か月後の皮膚です。

ミラドライは照射レベルが1~5の5段階で設定されていて、中間の出力で治療された状態です。

施術後3か月で汗の細胞が再生されてきたのでしょう!

汗の細胞が多く認められます。

このように不完全な治療後だと、”また匂うようになった” と感じるでしょうね!

ですから、再発したときは、治療が不完全ということが考えられます。

これを、 ”失敗” という人もいると思います。

治療は不完全ですが、汗の細胞の数は手術前と比べて減ってるので、無効ではないです。

治療を評価するなら ”有効” です。

多分汗の量も減っていると思います。

でも、においを気にする人にとっては失敗なのでしょう!!

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.04.06更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えよう!

 

今回はミラドライ施術後のワキ毛の状態についてです。

 

ミラドライはFDA(アメリカの厚生省にあたり、医療機器などの認可を行っているところ)で多汗症治療の治療器として認可が下りましたが、その後、治療後の顕著な減毛効果が認めれらることによって、脱毛治療(減毛治療)も認可が下りました。

要は国がミラドライの脱毛効果を認めたということです。

毛根と汗の細胞が非常に密接して存在していること、特にアポクリン腺は毛穴から汗が排泄することなどからも、ミラドライの治療で毛根が同時に破壊され、脱毛効果があることは考えられますが、それが公式に認められたことになります。

ではどのくらいの減耗効果があるのでしょうか?

これは私の実体験から見てください。

ワキの写真です(汚くてごめんなさい)。

脱毛効果

どちらも、全く手入れをしていない、いわゆる無処置の状態です。

右はミラドライで治療を受けた3年後の状態です。

脱毛効果があるといっても、つるつるの状態ではありません。

でも、ここまで脱毛効果があるのはすごいことなんです。

その昔、稲葉先生が言っていたことなのですが

(稲葉先生はもうお亡くなりになっていますが、ワキガの大御所の先生で、独自の削除器(今でいうローラークランプ法に似た方法だと思います。)を開発して、皮膚を極限まで薄く削り取る術式を編み出しました。それは匠の技で、稲葉先生は1mmの薄さまで皮膚を削っていたそうです。)

”不思議だなぁ、毛根を全部取っても毛が生えてくるんだよ”

当時は再生のメカニズムなんてわかっていなかったし、毛根がなくなれば毛が生えなくなると信じられていたからです。

それほど永久脱毛って難しいのです。

いまでは、毛の再生する幹細胞が毛穴の浅めのところ(具体的には立毛筋付着部です)に存在していることがわかり、毛周期という存在もあり、毛根の深さは一定していないことがわかっているので、科学的に解明されていますが。

そういうことで、レーザー脱毛でも1回の治療でこれほどまでの脱毛効果は得られません。

男子で、治療後の毛の状態を気にしている方もいられますがこの程度なので、気にされなくてもよいかと思います。

 

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.04.03更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えます。

 

今回は術後臭について

 

ミラドライ治療したのに術後臭が!再発するの?

 

これは以前のブログ(ここをクリック)でも書きましたが、治療が不十分であったときには再発してしまいます。

これ以外にも次のようなことが考えられます。

私はミラドライの治療に絶対的な自信を持っているので、当院(プレシャスクリニック自由が丘)で治療を受けた患者さんは絶対満足いただけていると思っていたのですが、中には”先生まだ臭うから再治療してください”と言ってこられるケースがあります。

そういった方々には、発汗テストをしてもらって、客観的に、どういう状態なのかを調べてから治療を行います。

発汗テスト

 

これはヨードデンプン反応といって汗(水)と反応して青くなります。

青い線で囲っているところが汗をかいている場所になります。

全体的に汗をかいているわけではないことがお分かりになるとおもいます。

治療前だと

ヨードテスト

 

こんな風に全体が青く染まります。

ということで、ミラドライの治療が確実に行われていない部位が部分的にできたしまったことがお分かりになると思います。

ミラドライはハンドピースをテンプレート通りの部位ごとにあてて、治療を行っていくのですが、その治療のすき間ができてしまうのではないかと考えています。

未治療の部位ができてしまうので、このように汗をかく部位がところどころにできてしまうのです。

上の写真のケースで、おおむね80%の部位は完全に汗が出なくなっていると思いますが、残りの20%で臭いを感じてしまうのです。

元の臭いの強さによるのだと思いますが、臭いの感じ方は人それぞれなので、同じ状態でも臭う人、臭わない人がいると思います。

この状態で臭うということは、残念ながら、術後臭、失敗ということになるのでしょう。

当院では、このようなケースの再治療は、 汗をかいているところだけミラドライを照射 します。

テンプレート通りの再照射では、また、同じことになりかねません。

ご満足いただけている結果、当院では、さすがに3回目を治療希望して来られる方はいません。

 

そして、このすきまをなくす方法がミラドライ既存のテンプレートにとらわれない、独自の照射方法による、プレシャスクリニックのプレミアムミラドライです。

もう手術は必要ありません。

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.04.02更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えよう!第3弾

今回は再発について

端的に言って再発はありません。

それは私の体で実証しています。

ミラドライ体験記 (アメブロの記事です。興味がある方はご覧になってください → ここをクリック)にも書きましたが、私はミラドライの治療を受けています。

その治療を受ける前の私のわきの下の皮膚です。

 病理

このように、汗の細胞(汗腺)がたくさんありました。

そして、レベル5で治療後の皮膚が下の写真です。

病理

 

汗の細胞が見つけられないほど汗腺は消滅していました。

これが手術した後の状態だとしたら、完璧に手術された状態といえます。

このように汗の細胞がない状態から、汗の細胞が再生されてくるとは考えられません。

ミラドライを受けて3年たった今でも、私のわきの下の状態は同じ状態です。

私の経験から再発はありません。

再発ということがあるとしたら不十分な治療の結果によるものだと思います。

これは手術でも同じです。

やっぱり手術よりミラドライなのです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.03.31更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えよう!第2弾

 

ミラドライの効果について

正直、ミラドライってこんなに効果があるものだと思っていませんでした。

ミラドライを扱うまで、機械でここまで効果が出るなんて信じられないですから、致し方なかったことだと思っています。

今からさかのぼること2014年、当時昭和大学にいましたので、ある治療後の状態を調べてほしいと依頼がありました。

その治療がミラドライだったのです。

そして、ワキの皮膚をとって見たところ、驚愕しました。

術後

 

表の皮膚は何ともなくて、きれいなのに、皮膚の中は、焼けただれた後のように変化しています。

組織

 

これは正常なワキの皮膚です。

黄色いのが皮下脂肪で、黒く見えるのが毛根です。

この違いは誰でもわかると思います。

”こんなに効果があるんだぁ”

っていうのが正直な感想です。

こんなに効果があるのならば自分でも受ないといけないと思い、実際に治療を受けてみました。

このミラドライ治療体験に興味のある方はこのブログ記事”ミラドライ体験記”を見てください。(ここをクリック)

治療結果はすごくて、私の皮膚からは汗の細胞が見つけられない程に効果がありました。

 

ミラドライのデメリットって思い浮かびません。

キズもできないし、強いて挙げるならば毛が薄くなることですか?

でも、これは手術しても同じように毛が減るし、毛が減らない施術は効果が出ていないと思います。

手術後は確かに腫れますが、治る腫れなので気にしないことです。

手術はもっと大変です。

手術と同等な結果が得られているのだから、少しぐらいの腫れは致し方のないことです。

ワキガ、多汗症治療はミラドライがファーストチョイスです。。

 

 

 

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2018.03.30更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えようと思います。

ホームページの検索でミラドライと入力すると次に失敗という文字が一番最初に出てきます。

ミラドライを調べている方が一番失敗ということを気にされているからでしょうか?

私の治療経験、治療を受けた経験からも失敗ということはあり得ないと思います。

まったく効果が出ないということはあり得ません。

ただしその効果については個人差が出ることはあり得ます。

においという感覚はとても難しいので、その評価も千差万別だと思います。

私のクリニックでは再治療を希望されている方々を発汗テストで検証してみるのですが、80%以上の治療効果が認められています。

合併症も後に残るようなものは経験ありませんし、理論的にも重大な合併症は生じないと思います。

それに比べると手術では合併症が多くみられます。

手術では汗の細胞を裏側から削り取ってくるのですが、汗の細胞を取ろうと頑張れば頑張るほど皮膚は薄くなります。

手術した後、血もたまりやすいですし、皮膚が薄くなっている分、動きにも弱いです。

ですから手術では、手術した後に、固定したり、運動制限がついたりします。

手術して、血がたまったりすると、傷が治るのに時間がかかるばかりか、醜いキズができてしまいます。

患者さんが失敗と表現する状態です。

ですから手術は大変です。

私の研究結果から、ミラドライは手術と同等な治療効果が出ています。

”ミラドライでダメなら手術”という考えを私は持っていません。

ミラドライで絶対治療できます。

その昔、針脱毛がレーザー脱毛に取って代わったように、今後は手術はなくなってミラドライ治療に取って代わると信じています。

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

前へ

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。