ワキガ・多汗症治療(ミラドライ)

ミラドライ

切らないわきが・多汗症治療
論文で治療効果を実証している医師が治療
(Step by Stepで進める腋臭症・多汗症治療/ミラドライ:清水祐紀.形成外科,59:S134,2016)

当院独自の治療理論によるパーフェクトなプレミアムミラドライ治療
子供でも安心な切らない・キズが残らない治療

料金   通常治療  270,000円(税抜) 
 プレミアムミラドライ  360,000円(税抜)
 カウンセリング料  3,000円(税抜)

ミラドライとは?

ミラドライとは電子レンジにも使われているマイクロ波によってワキ汗を治療する医療機器です。日本に導入されて数年が経ち、その治療効果も評価を得てきています。当院の院長の研究では手術と同等な治療結果が得られていて、切らないワキガ手術といえます。

切らない手術なので、キズはできませんし、手術したあとのような圧迫固定なども必要なく、術後はすぐに日常生活に戻ることができます。

手術と比べて合併症は圧倒的に少なく、キズもできない治療。発育途上の子供にも安心して行える治療がミラドライです。

プレシャスクリニックだけの特別なミラドライ

独自の治療理論に基づくワンランク上のミラドライ

プレシャスクリニックの院長は日本で1番ミラドライを研究し、日本でただ1人ミラドライの論文を発表しているミラドライ博士です。

その医師が治療を担当し、オーダーメイドに照射をアレンジして治療しています。

その技術により、局所麻酔の注射の痛みもほぼ皆無! プレシャスクリニックで治療を受けたかたからは、麻酔も含めて痛くなく治療できたと好評を得ています。

プレミアムミラドライ

プレシャスクリニック院長、清水の研究によってパーフェクトなミラドライ治療ができるようになりました。独自のテンプレートによる、100%の治療効果を目指して治療が行われるプレミアムなミラドライ治療です。

子供にも安心・安全なわきが・多汗症治療

子供でも臭うのです

こどもでも、わきが・多汗症の悩みを抱えていることがあります。思春期をむかえるまでは・・・・と治療を断られることもありますが、こどもでも、悩みは解消してあげるべきです。

プレシャスクリニックの院長は長年、昭和大学・形成外科で多くのこどもの治療を経験し、その経験から、たとえ思春期で再発してくる可能性があっても、コンプレックスは本人が感じる前に治療してあげるべきと強く感じています。ワキガも同じです。院長の治療経験から、たとえ再発したとしても、未治療例に比べれば全然軽いものです。手術は、再手術になればなるほど難しくなるし、キズも増えます。ミラドライは何回でも治療できるし(そんなに必要になるとは思いませんが)、キズができません。ボトックス治療は痛いし、何回も注射しなくてはなりません。こどもでわきが・多汗症の治療を行うのであればミラドライです。

痛くない局所麻酔

プレシャスクリニック院長、清水は長年の手術経験から、小児の局所麻酔の手術もたくさんしています。局所麻酔も、その技術で、ほぼ無痛でできます。インフルエンザなどの予防接種を平然と受けられるようなお子様であれば、全く問題なく施術が受けられます。

ミラドライ治療のしくみ

臭いやわき汗の原因となる「アポクリン腺」「エクリン腺」、ミラドライのマイクロ波を照射し、2種類の汗腺を破壊します。

2つの汗腺のイメージ(照射前)

2つの汗腺のイメージ(照射中)

アポクリン腺

臭いのもととなる汗を分泌する汗腺。アポクリン腺から出てくる汗は、脂肪分や尿素などの様々な物質を含みます。分泌後、時間が経つと皮膚の雑菌(皮膚常在菌)の働きで分解され、臭いの元に変化。わきがの症状の原因となります。

エクリン腺

運動直後等に、「汗」を分泌する汗腺。分泌された直後はサラサラととしており、無色・無臭。わきの多汗症の場合、エクリン腺の数が多く、働きも活発です。

ほかの治療との比較

ミラドライは、他の治療と比べ「キズが残らない」「術後の通院が不要」「施術直後からの効果」「当日から日常生活に戻れる」などの特徴があります。
  ミラドライ 手術療法 ボトックス注射
持続期間 半永久的 半永久的 一時的 (数か月)
傷跡 なし
※一時的な腫れ等はアリ
残る なし
生活制限 なし あり
(脇の固定が必要)
なし
通院処置 なし あり
(抜糸など)
なし
効果出現 即日 即日 3日~7日後
ダウンタイム*1 無し 長い 短い

*1:ダウンタイムとは、日常生活が通常通り行えるようになるまでの時間のことをいいます。ミラドライ治療では施術直後から翌日に患部周辺の腫れやむくみが出ますが、短期間で回復します。この状態でも、仕事や日常生活に支障はありません。

プレシャスクリニックのミラドライ治療の特徴

ミラドライを日本一研究している医師が治療を担当

プレシャスクリニックの院長は日本で1番ミラドライを研究し、日本でただ1人ミラドライの論文を発表しているミラドライ博士です。

その医師が治療を担当し、オーダーメイドに照射をアレンジして治療しています。

わきが・多汗症の治療保証体制

当院での治療に効果が感じられない場合、ヨードテストを行い汗腺の消滅率を確認します。1回の治療で下記【写真2】の様に82%汗腺を消滅させる事を基準にしています。再施術を希望される際は106,500円にて2回目の治療を行います。

また、プレミアムミラドライは治療を保証しています。治療結果に満足されないときは再施術を無料で承っています。このときは、ヨードテスト等による検査により、最も適した治療を行います。

再治療に関しては,1回目の治療から3か月、もしくはそれ以上、間隔をあける(1回目の治療の組織の炎症が確実に無くなる)必要がありますのでご了承ください。

ヨードテストとは

わきの有毛部より1cm程度広めににヨード液をぬりその上から、白い粉(コーンスターチ)をヨード液と同様のエリアに筆で薄く散布します。ヨード液と粉が汗に反応し汗腺が消滅していなければその部分のみ黒くうつる事になります。

【写真1:治療前】

【写真2:治療後】

痛みを軽減するための当院独自の麻酔方法

麻酔注入時と施術時の痛みを少なくする方法として、麻酔薬のPHを中性に近づける専門医ならではの配合を行っています。
最も重要な点は、麻酔の注入方法や注入する角度・範囲・深さです。これらが治療効果に最も影響を及ぼすため、昭和大学形成外科にてデータ収集を行い、安全で最大の効果を出す治療を提供し、ほぼ無痛で局所麻酔も受けられます。

治療後のアフターフォローで安心の診療体制

当院は術後のアフターフォローも実施しています。ミラドライによる治療の経過観察も含め、施術後も安心してご相談いただけます。

また、遠方の患者様や、来院が難しいかたには、メールや電話での対応も可能です。

ミラドライ治療の流れ

ここでは、簡単に治療の流れを説明します。

・施術時間:1時間30分

2マーキング

最初にわきの広さを測定し、ミラドライの照射範囲を決めます。

インクの転写シートを用いて正確にマーキングを行います。

1カウンセリング

カウンセリングで詳しく施術内容の説明をします。

3麻酔処置

照射範囲に麻酔を注入します。

4ミラドライのマイクロ波を照射

ミラドライのマイクロ波を患部に照射していきます。

照射中は基本的に痛みはありません。当院では、片方のわきで通常、20分~30分程度照射します。反対のわきを行う場合も同様です。

5アイシング(冷却)

患部にアイスパックを挟み、20分程度アイシングします。

術後の注意点
術後のセルフケア
  • 直後はご自身でアイシング

帰宅後は、ご自身でできるだけわきを冷やして下さい。定期的に冷やすと痛みと腫れが早くひきます。ご帰宅時に専用の保冷剤をご用意しています。

生活上の注意点
  • 激しい運動は1週間程度避ける。(ランニング等、脇を動かさない運動であれば翌日より可能です)
  • 当日の飲酒や入浴は控える。(シャワーは当日可能)

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。