院長ブログ

2018.05.18更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えます。

 

今回は、ちょっと気になるブログ記事を見つけたのでそれについて応えます。

標題の”汗とローンが残ったミラドライ”は、H先生のブログです。

彼は大変まじめで、正義感の強い先生で信頼できる医師です。

この標題名で検索すると、その記事を見られると思いますが、このブログ記事の中の

”今年9月に第38回日本美容外科学会が横浜で開催されました。
 ミラドライのイブニングセミナーがありました。
 座長の先生が、
 レーザー脱毛の発明に匹敵する、
 画期的な機器と持ち上げていました。”

この座長は私です。

興味がある方は、このセミナーを演者の佐々木先生がYouTubeにアップしているのでご覧になってください。→ここをクリック

確かにこのセミナーは質問が多くて、炎上セミナーとよくいわれます。

それほど、会場の先生方の興味を引いたのでしょう。

H先生のいわれることはよくわかります。

私のクリニックにも、ミラドライの治療が効果がなかったといってこられる患者さんがたくさんいます。

クリニックによっては、ホームページで安い価格で表示されていても、実際の治療にはチップが別料金で請求されたり、すそワキガの治療も、部位別に、例えばV,IOで全部施術すると3か所分の料金が請求されたり、無理な勧誘もあるようなことを患者さんから聞きました。

実際の治療にいくらかかるのかをあらかじめチェックしてからカウンセリングに行く方が良いと思います。

 

ところで、H先生はミラドライを目の敵にしているようですが、手術でも、執刀医によって結果が違うように、治療はすべて施術者によって変わります。

だから、すべてのことをミラドライのせいにしないで欲しいです。

ミラドライという治療器の効果があることは間違いないです。

レーザー脱毛も、世に出る前に私は治験しています。

その時も最初から認められた機器ではありませんでした。

当時は、”そんなので永久脱毛ができるわけがない” などといわれ、”永久脱毛とは”という定義すら話題になったのです。

要は、針脱毛に対抗できる存在であるためには永久脱毛ということが謳えなければならなかったからです。

時代は流れ、それから30年たった今ではどうですか?

今の若い人は”針脱毛”という言葉を知りません。

脱毛は”レーザー”です。

H先生のこの記事の最近のコメントをみると、彼の考えも変わってきているようで、ミラドライを認めているように思えます。

それに、ミラドライは近い将来、承認器になります。

厚労省がミラドライをワキガ治療器として認めました。

確かにミラドライは高価な機械です。

でも、キズもできずに、手術、しかも上手な手術と同じ効果を私は出しています。

30年後にはワキガ手術は淘汰され、ワキガ・ワキ汗治療はミラドライになっていると私は思っています。

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2017.09.16更新

研究と実験を重ね、プレシャスクリニック特製の制汗剤が完成しました。

何人かに試用してもらいましたが、とても好評です。

成分は塩化アルミニウムを25%配合した軟膏です。

一般的には20%の塩化アルミニウム水溶液が使われますが、アルコールが含まれていたり、水溶液なので皮膚に浸透しづらく、塗布後ゴム手袋の装着を強いられたりとか、皮膚炎が生じる原因ともなり、ある報告によると副作用の発現率が45%とほぼ半数に問題が生じるなど、効果はあっても使いにくいものでした。

調べてみると、制汗剤のほとんどにアルミニウムが使われていて(ミョウバンもアルミニウムが含まれています)、このアルミニウムは成分として必須なので基材を考えることにしました。

皮膚に塗るためには成分だけでは塗れないので、水で溶かしたり、オイルに混ぜたりなどする必要があり、この溶かす材料を基材といいます。

よく、付け薬として処方される軟膏やクリームも基材です。

いろいろ試作したところ、水溶性軟膏が最も適していて、使用感も良好でした。

これをぜひ試していただきたいので先着100名に無料で差し上げます。

といっても、院内製剤なのでクリニックに来ていただき診察したうえでないとお出し(処方)できません。

多汗症で悩まれている方、特に手汗で悩んでいられる方に、ぜひともご来院の上、使っていただきたいです。

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。