院長ブログ

2017.11.11更新

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

まぶたが重く開きにくくなったことをいいます。

放っておくと肩こりや頭痛、弱視の原因になり、脳の働きにも影響がでます。

治療は手術になります。

手術はいやだと思いますが、できるだけ痛くなくて腫れがすくない手術もあります。

それが当院で行っている”切らない眼瞼下垂手術”です。

眼瞼下垂は軽度であっても、頭痛とか肩こりなどの症状を伴っているときは、病気なので、当院では保険適応で手術を行っています。

 

眼瞼下垂

 

この手術は、ほとんど腫れないので、手術した日から日常生活に困ることはありません。

下の写真は手術後2週ですが、腫れもおさまり、まぶたもパッチリしていい感じですよね!

 

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

2017.10.20更新

皮膚の腫瘍についてです

ほくろだって思っているものが悪性だった・・・・・たまにこういうことがあります。

 

皮膚悪性腫瘍

 

ちょっと、色素のにじみかたが均一でなくて、はみだしている所もあります。
悪性に見えたので手術を強く勧めました。

病理結果は基底細胞癌でした。

基底細胞癌は癌の中ではいちばん良性で(悪性なのに良性って変な言い方でごめんなさい。医者は悪性度が低いっていうのですがわかりにくいかと思いまして)

早期胃がんみたいなもので、ちゃんと切除されていればほとんど再発も、転移もしません。

この患者さんもきちんと切り取れていたので、あとは、経過を注意深く見ていくだけです。

ほくろと思っていても、がんのこともあるので、心配な方は医師に診てもらいましょう!

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

クリニックへのお問い合わせはこちら

最終予約受付期限は
予約日の2営業日前の19時まで

(例えば、土曜日の予約をキャンセルしたい場合は木曜日19時までにご連絡ください)

予約の変更に関しては最低2営業日前の19時までにご連絡ください。
治療待ちの患者様が多くいらっしゃることから、予約日間際の変更をされる患者様に関しては次回のアポイントを控えさせて頂く場合がございますのでご了承ください。